「有機のつながり」を考えるライフスタイル

季節のおすすめ

季節のおすすめ|日焼け止め

だんだん陽ざしが強くなってきました。気になるのはやっぱり紫外線です。
まだまだ肌が紫外線に慣れていないこの時期だから
UVケアと対策をおすすめします!!

osj紫外線対策

肌にダメージを与えたり老化をすすめる紫外線

地球上にはUVA、UVB、UVCという3種類の紫外線が降りそそいでいます。
UVCは地上まで届いていないので、実際に影響があるのはUVAとUVBになります。
UVA、UVBともに日焼けの原因となりますが、紫外線の90%はUVAといわれています。
UVAは肌の深部まで到達し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくる細胞を壊すため、肌は弾力を失いシワやたるみ、肌老化をすすめます。
UVBは表皮にダメージを与えサンバーンやシミ、そばかすの原因になります。
また、UVBは肌の細胞を傷つけたり炎症を起こすため、皮膚がんの原因ともいわれています。

紫外線の皮膚へのダメージ図1紫外線の皮膚へのダメージ図2


紫外線「UVB」が増えているって本当なの?

成層圏10キロ〜50キロ上空にオゾンはあり、オゾンの多い層をオゾン層とよびます。
オゾンは太陽からの有害な紫外線を吸収して地上に生きる生態を保護しています。
太古の地球は紫外線が直接降り注いでいたので生物は生きられない環境でしたが、オゾン層が地球を包み、紫外線から守られたことによって生き物が誕生し植物が生まれたのです。
ところがフロンによってオゾン層が破壊され、波長が短くオゾン層に阻まれていたUVBが増えてきているのです。
オゾン層の破壊は現在も世界中ですすんでいます。


私たちが住んでいる地域の紫外線はどのくらい?

気象庁ホームページで毎日の全国「UVインデックス」が確認できます。

「毎日の全国UVインデックス」はこちらから

URL:https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_ana.html


紫外線ケアをしっかりしよう!イメージ


UVケアと抗酸化対策で、さびないからだへ

紫外線が強い季節、カギとなるのは「UVケア」と「保湿」と「抗酸化力」。乾燥している肌は日焼けしやすくダメージを受けやすいので保湿はしっかりと。
抗酸化力が高くリカバリー効果のあるアロエベラと月桃を使ったアロエのチカラはおすすめ!
日中は日焼け止めで肌を守りましょう。
高い抗酸化作用のあるものは肌やからだの酸化を防ぎます。
特に紫外線の強い季節は積極的に抗酸化力の高いものを肌から、からだからも!


おすすめ

■ 肌にやさしい日焼け止め ■

UVケアしながら植物の力で肌を守るクオン イミュナイザーUVセラム

クオン イミュナイザーUVセラム


海やサンゴ、環境と人に優しいサンゴに優しい日焼け止め

サンゴに優しい日焼け止め


国産フルーツやハーブをたっぷり使用ジューシーサンクリーム

ジューシーサンクリーム


おすすめ

■ 抗酸化作用のあるものでからだケア ■

ポリフェノールと肌ケア成分が効果的アロエのチカラローション

アロエのチカラローション


ポリフェノールとギャバ、
ビタミンたっぷり!タブレットタイプモリンガのチカラ タブレット

モリンガのチカラ タブレット


安心素材でおいしくビタミン補給!有機グァバ農園の完熟フルーツソース

有機グァバ農園の完熟フルーツソース


ポリフェノールたっぷり!
糖と脂の吸収を抑える効果も有機土佐國グァバ茶

有機土佐國グァバ茶



オーガニックスタイルジャパンで取り扱いをしている商品は、すべて化学成分一切不使用、オーガニック原料100%のものです。安心してお使いください。